スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | -
クリスマスから年末年始へ
クリスマスはいかがお過ごしですか。
毎年11月のサンクスギビング(感謝祭)が終わるとクリスマスツリーを飾りました。
3人の子供たちが小さいころはBGMをかけながら楽しんでオーナメントを飾ったものです。
3人とも社会人になり、すっかりこの年中行事もなくなりましたが、せめてもと事務所には
クリスマス関係の作品を展示していました。
明日年末の大掃除とクリスマス作品の片づけをして、新年を迎える準備をします。

女の子二人は帰省してきます。弟家族も帰ってきます。にぎやかなお正月になりそうです。
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 15:22 | - | trackbacks(0)
春!
 4年前に大学に入学した次女が、社会人の長女と4年間暮らしたマンションを出て
入社する会社の寮で生活することになって、姉妹は「別居」することになりました。
4年間の姉妹での生活は、楽しいこと、しんどいこと、盛りだくさんだったでしょうが
2人にとって豊かな時間であったと信じています。2人が一緒に生活していたので、
私も1カ月に一回のペースで「政治スクール」のある週末には上京して、2人の娘と
会えるのを楽しみにしてきましたが、来月からはまたペースが変わりそうです。

次女がずっとバイトでお世話になったホテルに今回は3人で2泊して、超豪華な
「女子会」でした。

一区切りをつけた春。新しいスタートを切って、2人とも広い世界へ羽ばたいて!
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 21:57 | - | trackbacks(0)
「ひろみの宝箱」
 今年9月に開催した私の手芸品の作品展「ひろみの宝箱」には
本当に多くの方に来場していただき、ありがとうございました。

会場での展示をご覧いただいた方々だけではなく、都合がつかず
ご来場いただけなかった方々にも少しだけ会場の雰囲気を感じて
いただけたら、と思い、世界でたった一冊だけ作成した作品展の
アルバムをデータで取り込んで、ホームページにアップしました。

作品にこめた想いなども私の自筆で綴っています。
子育て真っ最中のころに家で過ごす時間に作り上げた多くの作品、
今年改めて作品展のために並べてみると、自分でも驚くほどの数
がありました。想いのたくさん詰まった作品たちです。

ホームページのトップページに「ひろみの宝箱」の大きなバナーが
ありますので、クリックしてください。50ページのアルバムが現れ
1ページずつめくっていただけるようになっています。

平木ひろみの意外な一面を見ていただけたら、と思います。
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 15:39 | - | trackbacks(0)
大整理
 7月から8月にかけて、18歳のカナダの女の子をホームステイで預かりました。
今は東京で生活している末娘の部屋が、自宅での私のワーキングスペースに
なっているのですが、今回娘の了解を得て、この部屋を使ってもらうことにしました。
私のワーキングデスクと愛用パソコンを彼女のために譲っていたので、私の仕事
関係の書類などを、寝室にある書斎机に移動し、旧パソコンで過ごした1カ月でした
が、ようやく「お引っ越し」をする時間をとりました。自宅のワーキングデスクとはいえ
やはりもともと書類が整理されてあるはずの本棚が使えない状態で書類が山積み
になってデスクにあるのは、私としては仕事効率が大変悪い!ので落ち着きません。

彼女が帰国した後は、3人の子ども達が順番に帰省したりして、元の状態に戻せる
時間的余裕もないまま・・・約1ヶ月半「仮住まい」だったので、今日はデスク周りを
久しぶりに「もとのあるべき状態」に戻す大整理をします。

整理ができたら、パソコンで処理しなくてはいけないいくつもの仕事!を順に片づけ
よう、と張り切っています。

posted by: 平木ひろみ | プライベート | 09:59 | - | trackbacks(0)
ゴールデンウィーク
 ゴールデンウィークが近づいてきました。
昨年は、東京に行っている子ども達が神戸に帰ってきました。
今年も、それぞれのスケジュールが違いますが帰省してくるようです。

ゴールデンウィークを分散しようという提案がされています。
昨年、星野リゾートの社長の講義を受けた時に伺ったお話そのものです。
一般の国民にとって、旅行したり移動したりするのには、ゴールデンウィーク
は料金が高いうえに、交通機関も宿泊施設も予約がとりにくいという困りもの
です。それでも私の家でも、大黒柱のお休みがこの時期にしかとれないとなる
と高い料金を払ってでも旅行に行こうか、なんて考えているのが現実です。
お休みが分散することで、料金も平準化し、予約も取りやすくなり、混まない
ようになるのなら、嬉しいことです。

でも、その喜びに増して星野社長の話で私の印象に一番に残ったのは、宿を
経営する側、宿で働く側にとって、この休みの分散はとても重要だということで
した。宿側からみると、年の決まった時期だけ(年末年始、お盆、ゴールデン
ウィークなど)お客さんがいっぱい来て、他の時期には少ないとなると、やはり
安定的な常勤職員を確保できないと聞いて、宿の立場でも年間サービスのため
平準化が重要であることを再認識しました。質の高いサービスを年間を通じて
提供することが求められる宿で、いい職員を常勤として雇いたくても雇い続ける
ことができない、ということは大きな問題です。

しかし、現実的にはゴールデンウィーク期間中に全国で一斉に工場を止める
休みにしているメーカーなどには、分散して休みを取りましょう、といきなり国に
言われてもできない、ということが多くあります。

アメリカでは、3連休はありましたが、まとまった1週間程の休みという固定され
た時期はなく、お盆もないので各家庭で夏休みは交替で2週間ずつ取っていく
制度が確立していました。予約を取るのにも苦労せず、家族で2週間の夏休み
に旅行したことを懐かしく思いだします。

日本の休日制度も変わっていくのでしょうか。
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 21:24 | - | trackbacks(0)
明けましておめでとうございます。
 新年明けましておめでとうございます。
新しい年を、どんな気持ちで、どなたとご一緒にお迎えだったでしょうか。

私は、毎年恒例、朝の集いから、再度山へと向かう元日でした。
皆様と新しい気持ちでのご挨拶を済ませてから、家族とのお祝いへ。

私の両親と、おじおばを含め、普段は東京で生活している子ども達3人が
皆年末に帰ってきたので、総勢9名の元旦のお祝いとなりました。
横浜に済んでいる弟家族4名が京都まで帰ってきていたのに、体調不良
で横浜へUターンしてしまい、一緒にお祝いできず残念でしたが、またの
機会を楽しみに・・・。

新しい年を迎えるときの清清しいパリッとした気持ちで一年を過ごせたら
どんなにいいでしょう。
皆様の一年が実り多い素晴らしいものでありますよう心からお祈りします。
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 17:53 | comments(1) | trackbacks(0)
中華街ランタンフェア
 中華街ランタンフェア 冬の風物詩ルミナリエの時期に合わせて
中華街でも「ランタンフェア」を開催しています。

ルミナリエの光とはまた一味違う温かな「赤い光」に
包まれた中華街にもぜひ足をお運びください。

12月1日から27日まで、夕方4時ごろから10時ごろ
まで毎日灯りがついていますから、どうぞおそろいで
散策にお出かけください。素敵ですよ。


posted by: 平木ひろみ | プライベート | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0)
朝の電車・・・
 
朝の電車・・・私の母校の制服を着た高校生の女の子は英単語集、
違う制服の高校生は古文単語集、開いて「勉強しよう!」と思って
いるのに・・・コックリ、コックリしていました。
昨晩も遅くまで勉強してたんだろうなあ。でも今朝の通学電車の中も
勉強しなくっちゃ、っていう気持ちだけはあるから、頑張って単語集を
開いているんだけれど・・・睡魔に勝てない!
 
きっと高校3年生。受験生なんでしょうね。
「頑張れ!」「今頑張ったことがきっとあなたの将来を開くから!」
と心の中でエールを送りました。
 
9.11
あの日、航空機がビルに激突した日。
アメリカで義務教育を受けた我が家の長女は「私のアメリカが壊された」
という表現をしていました。あのビル近くに住んでいたわけではないのに、
あの2本のビルが象徴していた「アメリカの繁栄」を破壊されてしまった
ように感じたのでしょうか・・・。大きなショックを受けた高校3年生でした。
同級生に話しても誰ともこの気持ちを共有できない、と嘆いていました。
いろんなことを乗り越えて、娘も成長していったのだな、と改めて思い返し
感慨深い一日になりました。
 
若者達にエールを!あなた達が次の時代を担っていくのです!
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0)
春爛漫
今年の桜は開花が早かったのに、その後急激な冷え込みがあったせいか
随分長持ちしましたね。
今日は神戸市内の公立小学校の入学式。
朝から「ぴかぴかの一年生」が保護者の方々と一緒に小学校へ向かう姿を
あちらこちらでみかけました。思わずほほが緩みます。
我が家でもそんな時代がありました・・・。
今では3人の子ども達もすっかり成長してしまいましたが。

今年は夫婦2人だけでの花見になりました。
なかなか時間が合わなくて一緒にすごせる時間が取れない2人ですが、
急に思いついて、平日の夜だというのに、「花見弁当」を作って!!
夜桜見物にでかけました。雪洞にライトアップはされていなかったけど
なんだかほのぼのとした夜桜見物ができました。
暖かな夜のそぞろ歩き・・・春爛漫を満喫した時間でした。
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0)
赤ちゃん
幸せいっぱいのお母さんと赤ちゃんに会ってきました。
小さなお兄ちゃんも元気いっぱい!笑顔いっぱい!でした。

赤ちゃんを見ていると、皆どうして笑顔になれるのでしょう。
赤ちゃんと一緒に穏やかな時間が流れている幸せを感じます。
子どもを授かるというのはとても幸せなことです。
若いころ「子どもを産めないかもしれない」という手術をし、
子どもを授かることをあきらめなくてはいけないかもしれない
と悲しい想いをしたことがありました。幸いに、我が家には
3人もの子ども達がやってきてくれましたが・・・「子宝」と
いう言い方は素敵だと思います。宝物!です。

「子育て」をしているはずが「子どもに育てられている」と
実感しながら過ごしてきました。たくさんの人たちが、心の
豊かさを感じられるような「子育て」をしてほしい、とまた
思ったひとときでした。ありがとう!

末娘が二十歳になったこの11月。私達親にあてて「ありがとう」
のカードをくれました。「二人の娘に生まれて本当に幸せです」
と書いて送ってくれたカードも、また私の宝物になりました。



posted by: 平木ひろみ | プライベート | 22:21 | comments(1) | trackbacks(0)