スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | -
映画撮影セットの見学
 今日は中央卸売市場に視察にでかけました。
といっても、「せり」をしているところを視察したのではなく(去年視察しました)
映画撮影をしたセットを視察させていただいたものです。これまでにも多くの
映画やテレビドラマが神戸で撮影されているのですが、ご存知でしたか?

神戸フィルムオフィスの田中まこさんが、映画やテレビドラマの撮影現場を
神戸に誘致することに情熱をかけて推進されているこの10年の実績などを
ご説明くださり、その後、旧中央卸売市場の跡地に作られたセットを実際に
見せていただきました。

古い町並み、商店街を撮影するために、セットを作るのに2ヶ月、撮影1ヶ月
とのこと。最後に「爆破」シーンの撮影を残すのみとなったセットは、いかにも
古い町そのもの。大田区という設定なので、車のナンバープレートまで品川
ナンバーではありますが、車はスクラップになるものを使い、ナンバープレート
は本物そっくりではありますが、「ダンボール製!」と聞いてびっくり。思わず
皆そのナンバープレートを触っていました。

映画の撮影現場としての魅力スポットを映画制作者にアピールし、セット製作
のための重機、建築機材等の手配から、宿泊、食事などの手配、現場の安全
の確保などなど・・・広範囲の仕事をこなしている神戸フィルムオフィスは、
日本で初めて「映画撮影場所の誘致」を手がけた会社ですが、今では全国の
自治体に同じような会社が設立されているとのこと。やっぱり、神戸は新しい
ことを始め、外に発信する力をもっているのだ、と感心しました。これはやはり
田中まこさんという素晴らしい人材あってのことだと納得しました。

神戸フィルムオフィスは田中まこさんの提案で神戸市と神戸国際観光コンベン
ション協会が経営に参画していますが、代表である田中まこさんが「民間人」
であるということが、とても意味のあることだと思います。

映画撮影がこの地で行われることによって、神戸を外にアピールでき観光客
を呼び込む効果、映画撮影に1ヶ月かかるとすると100名くらいになる撮影
スタッフが宿泊、食事など神戸でお金を使ってくれる効果、さまざまな経済効果
があります。10年間で5億5000万円以上の経済効果があっただろうという
分析がされています。

神戸って、本当に魅力にあふれた場所がいっぱい・・・神戸以外への発信を
どうやって推進していくのか、やっぱり「民間人」の力、不可欠です!
posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0)
「減災の知恵の共有」〜身近で起きる災害に備える
 今日は、神戸国際会議場で、地域防災シンポジウムが開催されました。
防災功労者の方々の表彰に続いて、人と防災未来センター長の河田先生の
基調講演がありました。

 最近多発している「ゲリラ豪雨」などの水害による被害の分析などを含め、
自分が自分を守る、地域で助け合えるための「基礎知識」をたくさん教えて
いただきました。神戸のような坂道の多い都市では、「いつも通っている道」が
あっという間に「川」になってしまう危険性が大いにあること、土砂災害は大雨
が降っている間ではなく、降り終わって数時間で発生することが多くあること、
神戸でもまた水害や土砂災害がいつでも起きうることなど、素人の私たちにも
わかりやすい講演でした。
 
 大雨警報が出たら「2階で寝ましょう!」
 避難勧告が出ても「家にいるほうが安全な場合が多くあります!」
             「特に夜になっての避難は危険です!」
 一人で行動しないで「複数の大人が情報を共有して判断しましょう!」

 地震だけではなく、さまざまな自然災害に出会ったとき、どのように自分達が
的確な判断を下すことができるのか、しっかり家族でも、地域でも話し合い、
シュミレーションをしておく必要があると痛感しました。
posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)
新長田駅の近くに鉄人28号が

鉄人28号1新長田駅の近くに「鉄人28号」のモニュメントが作られています。

もうすぐ完成とのことで、まちの賑わい作りを一生懸命されている

実情を見たいなあ、と一人で歩きにいってきました。

 

電車の中から見える「鉄人28号」は後姿なのですが、前から見たら

どんなかな、と楽しみにしていたのですが、まだカバーがかかって

いるので、ちゃんとは見えません。(写真1)

近くの街灯は「鉄人のかぶと」ですよ。かわいいですね。(写真2)



 

鉄人28号2私たちが小さいころの漫画です。アニメ、なんていう言葉がまだない

時代・・・「漫画」と呼んでいましたよね。弟が好きだったから、私も

まだ歌える!「ビューんと飛んでく鉄人、28号!」の歌。思い出します。

 

この鉄人を見にたくさんの人が来てくれることを願って・・・いろんな

仕掛け作りをしないと、と改めて思いました。

 

三国志とあわせて、「新長田を元気に!」ですね。がんばりましょう。
posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 09:25 | - | trackbacks(0)
裁判員制度
裁判員制度について勉強をしました。
平成21年5月21日以降に起訴される事件について適用されます。
通常の日程で行くと、5月1日以降に発生した事件に適用される
ことになるようです。

アメリカの陪審員制度では、裁判官が全く関与せず、陪審員だけで
有罪か無罪かだけを判断します。

日本の裁判員制度では、裁判官3名と裁判員6名で合議を行ったうえ、
刑を何年とするかという量刑についても判断することになります。

衆議院選挙の選挙権を有するものの中から、一年ごとに無作為抽出
で裁判員候補者名簿がさくせいされ、事件ごとに裁判員が選ばれます。
裁判員に選ばれた場合には、特別の理由がない限り、拒否することは
できません。神戸の場合には、0.1%くらいの割合で選ばれること
になるようです。選ばれたら「運がいい」ということでしょうか?

興味のある方は、裁判員制度についてのホームページをご覧ください。
http://www.nichibenren.or.jp/citizen_judge/index.html
http://www.saibanin.courts.go.jp/
http://www.kensatsu.go.jp/

posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0)
田川ふれ愛義塾
かつて
学校に
家庭に
自分の居場所はなかった
だからこそ
俺たちが
寄り添う人になる
居場所になる

そんな想いで始まった「田川ふれ愛義塾」に伺いました。
田川市教育委員会を始め、小・中学校、警察、行政と連携し「遊び・非行」型不登校児童・生徒と保護者のサポートを行っているグループです。

「田川ふれ愛義塾運営協議会」の事務局を田川市教育委員会におき、行政と市民が一緒にこの義塾を運営していくための知恵を出し合っています。

暴走族の総長であった代表が、暴走族を解散しボランティア団体を結成し、地域貢献活動を始めています。地域行事への協力、ごみ拾いから始まった活動ですが、多くの悩める親子へのサポートに本格的に取り組んでいます。一人一人の目を見て向き合う代表の工藤さんの姿勢に心打たれました。
「200人の人に迷惑をかけてきたなら、その倍の400人の人にありがとうと言ってもらえるようなことをしたい」と静かに語る工藤さんの温かい目が印象的でした。

義塾で生活している生徒の工藤さんに向ける視線は、心からの信頼にあふれているものでした。自分のことを全面的に受け止めてくれる大人に対する信頼が生まれていることを実感させてくれるものでした。

活動を支える地域の方々の熱い想いに触れ、子ども達を育てていくためには、「地域の力」がかけがえのないものであることを再認識しました。

行政と市民が一つの想いで結ばれ、協働して取り組んでいる素晴らしいこの活動が次世代を担う子ども達のためのサポートの一つとして続けていけることを応援したいと思いました。

「田川ふれ愛義塾の4つのルール」
1.家族を裏切らない。
1.あいさつをきちんとする。
1.人を傷つける嘘をつかない。
1.ありがとう、ごめんなさいを素直に言う。

全国から届くSOSに精一杯応える工藤さんに、心からのエールと「ありがとう」を!
posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 22:09 | - | -
入島税
日本で唯一「入島税」を制定している島があります。
島民も含めて、島に入る人が全員(高校生以下除外)1人100円支払うというものです。島民も、一旦所要で島から外出すると帰宅する際の船賃に100円が加算され自動的に徴収されることになっています。

島を訪れる観光客達が、ごみを残して出て行ってしまうような自然破壊行為が多いため、ボランティアで島民が清掃活動などをしていたものを、この税金によって少しでも行政が負担しようとするものです。

この制度を始めるにあたっては、住民ともきめ細かく集会で話し合い、実施の仕方などを決めていかれたと行政担当者からお聞きしました。島民の納得を得て、実際に適用が始まりましたが、混乱もなく実施されており、税を環境整備にあてているとのことです。

観光客が訪れるのはいいが、自然破壊はいけません。
その島にとっては「訪問者」になる私たちの立場から自省をしました。

そして別の側面で、住民と意見交換をしながら新しいことを進めていくことの大切さを改めて感じました。
双方向の意見交換を大切に、施策を進めたいものです。
posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 06:15 | - | -
神戸・天津友好の翼
初の国際チャーター便 神戸空港から天津へ

9月8日から10日まで中国を訪問してきました。

昨年2月に開港した神戸空港から、初の大型国際チャーター便が中国・天津へ飛んだものです。
これまでは小型のビジネスジェットのみが国際線として認められていたのですが、今回はオウンユースチャーター機です。
日中国交正常化35周年を記念した神戸市の「神戸・天津友好の翼」交流団は市長を団長として約200名。
私も議員団の一員として参加しました。
医療産業都市構想とあわせて、これからの神戸空港のあり方を考える一つの契機になると期待されています。

初めて見る中国は、国をあげての発展のエネルギーを感じさせてくれましたが、日本や欧米の国々との文化や習慣の違いも体感しました。
まだまだ自分自身が知らないことが多くあることを改めて認識した2泊3日でした。

また写真もアップします。
posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 07:00 | - | -
やしの木ライト
このやしの木、ただのやしの木ではありません。
ぶら下がっているのは、やしの実ではなく「ライト」です。
面白いですよね!

しおさい公園の視察研修で見たものです。
景観を損ねないで工夫がこらしてあって嬉しくなりました。
posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 00:03 | - | -
新人研修
20070531_01新人議員の「無職」期間に、新人研修が行われています。
これまでの「座学」から一転、今日は外へ出ての視察研修です。
ポートアイランド西端にできた「しおさい公園」から、美しいハーバーランドを眺めた風景です。

ポートアイランドに新しく3大学が開学し、これで4大学集合。
ポートライナーの朝晩のラッシュが厳しくなったことを実感していますが、ポートアイランドの活性化には嬉しいこと。

美しい大学のキャンパスを散策し、市民にも開放されている食堂で食事をして、腹ごなしには、しおさい公園で遊ぶ・・・なんていかがでしょう?

学生さんたちは、美しい風景に見とれていないで勉強してね。
posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 00:01 | - | -