スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | -
裁判員制度
裁判員制度について勉強をしました。
平成21年5月21日以降に起訴される事件について適用されます。
通常の日程で行くと、5月1日以降に発生した事件に適用される
ことになるようです。

アメリカの陪審員制度では、裁判官が全く関与せず、陪審員だけで
有罪か無罪かだけを判断します。

日本の裁判員制度では、裁判官3名と裁判員6名で合議を行ったうえ、
刑を何年とするかという量刑についても判断することになります。

衆議院選挙の選挙権を有するものの中から、一年ごとに無作為抽出
で裁判員候補者名簿がさくせいされ、事件ごとに裁判員が選ばれます。
裁判員に選ばれた場合には、特別の理由がない限り、拒否することは
できません。神戸の場合には、0.1%くらいの割合で選ばれること
になるようです。選ばれたら「運がいい」ということでしょうか?

興味のある方は、裁判員制度についてのホームページをご覧ください。
http://www.nichibenren.or.jp/citizen_judge/index.html
http://www.saibanin.courts.go.jp/
http://www.kensatsu.go.jp/

posted by: 平木ひろみ | 視察・研修 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 06:47 | - | -









この記事のトラックバックURL
http://hirakihiromi.jugem.jp/trackback/29
トラックバック