スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | -
「社会のために働く」
 今日は、第56回阪大融合技術懇談会の講師に招かれました。
理科系の方を中心にして「技術」を「懇談」する会合なのですが、
何回かに一度「文化系」の講師を招聘しての懇談会をされている
とのこと。いろんな場所で講師としてお話をした経験はありますが
不思議な緊張感とともにお伺いしました。

時間に余裕を持って市役所を出発したにもかかわらず、15:50頃
にJR元町駅構内で起きた人身事故のために電車が大幅な遅れ!
会場の、大阪大学中之島センター(私たちの学生時代にはなかった)
に到着したのは、講演開始の10分前という滑り込みでした!

なぜ私が神戸市会議員になったのか、ということをベースに話して
ほしい、というご要望をいただいていたので、タイトルは・・・
「社会のために働く」としました。大学を卒業してサラリーマン、退職
して専業主婦、主人の海外赴任に伴う駐在生活、アメリカで出会った
多くの人たちが教えてくれたボランティア精神の根本に流れる思い。

”Pay it forward”
「あなたが次に困った人に出会ったときに、その人にあなたがして
 あげられることを手を差し伸べてあげてくれれば、それが私への
 お礼になるのよ。」

助けてもらったときに、助けてもらった人に対してお礼をしたいという
私への返事が、みな・・・本当に誰もが皆、同じように同じ言葉で、
「その気持ちを次へつないで!」と言ってくれました。

迷いの中で、私が神戸市会議員になろうという決心をしたのは、
この社会のために私ができることをさせていただきたい、と思い、
「社会のために働く」という方向性がしっかり持てた時でした。

講演をしながら、これからも「社会のために働く」強い思いをもって
この仕事をしていきたい、と改めて思ったひと時でした。

神戸市の産学官連携について教えてほしい、というご要望も受けて
おりましたので、資料を持参し、説明もさせていただきました。皆さま
から神戸市との連携について熱い思いをたくさんいただきました。
担当局が複数にまたがっていて、民間企業、大学からみると、どこに
どういう提案をしていっていいかが、わからないところがあるようです。
よく言われることですが、やはり行政の都合での「縦割り」ではなく、
「ワンストップ窓口」のような考え方を取り入れていかなければ、連携
を深めていけないと思います。今後の私の取り組む課題がまた一つ
増えました!
posted by: 平木ひろみ | その他 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:42 | - | -









この記事のトラックバックURL
http://hirakihiromi.jugem.jp/trackback/53
トラックバック