スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | -
消防活動を指導する国際貢献 JPR10周年

カンボジアなどで消防活動を指導する国際貢献をしているJPR10周年の記念報告会に伺いました。

日本国際救急救助技術支援機構JPRは日本で廃棄された機器で、ザンビア、スリランカ、インドネシア、カンボジアなどで救急、救助研修をしています。

posted by: 平木ひろみ | 地域活動 | 13:48 | - | -
神戸の顔 三宮駅北通り(サンキタ)
平木ひろみ通信12月号より抜粋

サンキタの悪質な客引きをなくしたい!

 三宮駅周辺再整備を魅力的にするべく様々な検討が重ねられています。地元、有識者による検討会に加えて、広く市民の方々の意見を聴く機会が設けられています。LRT導入や地下鉄新神戸駅再整備についても提案が募集されました。
 しかし神戸の顔である三宮駅北口の夜の悪質な客引きは目に余るものがあります。安心して楽しめる神戸の繁華街にしなければなりません。今後も課題解決に向け、関係者と協力して取り組みます。
 
posted by: 平木ひろみ | 地域活動 | 16:18 | - | trackbacks(0)
クリスマスから年末年始へ
クリスマスはいかがお過ごしですか。
毎年11月のサンクスギビング(感謝祭)が終わるとクリスマスツリーを飾りました。
3人の子供たちが小さいころはBGMをかけながら楽しんでオーナメントを飾ったものです。
3人とも社会人になり、すっかりこの年中行事もなくなりましたが、せめてもと事務所には
クリスマス関係の作品を展示していました。
明日年末の大掃除とクリスマス作品の片づけをして、新年を迎える準備をします。

女の子二人は帰省してきます。弟家族も帰ってきます。にぎやかなお正月になりそうです。
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 15:22 | - | trackbacks(0)
平木ひろみ通信12月号より
平木ひろみ通信12月号より

毎月中公園の駅でお配りし、ご自宅にポスティングもしています。
ホームページに全文を掲載しています。

***************

防犯カメラ設置助成・防犯ブザー再配布!
 登下校時等における子供たちの緊急的な安全確保対策を強化する補正予算を承認しました。
1.防犯カメラ設置補助(約250か所)4000万円
対象団体:自治会・まちづくり協議会等地域団体
補助額:一か所あたり15万円(上限)
対象:公道等に常設する防犯カメラの購入および
    取付工事に要する経費
2.防犯ブザー再配布(市立小学校)1300万円
 子供たちの安全・安心を守る公の方法ではありますが、自分がどう危険から逃げるかを子供自身が体得することが一番大切だと思います。
 
posted by: 平木ひろみ | 地域活動 | 14:12 | - | trackbacks(0)
ゴールデンウィーク初日
 インフィオラータが今年も今日から始まります。
イタリア語で「花を敷き詰める」という意味のある「インフィオラータ」は
震災犠牲者の鎮魂と傷ついた人々の心を癒すために、まちを花で
美しく彩ろうと1997年から毎年開催されています。
 球根栽培のために不要になったチューリップの花びらが、産地の
富山県、新潟県から送られてきます。柄のデザインも公募され、
花弁ちぎりから絵の完成まで市民が参加するイベントです。

 今朝私は三宮あじさい通り会場で毎年参加している中央区婦人会
の皆様と一緒に花弁もぎりをしてきました。花の花粉は洋服に付くと
とれなくなるので、毎年お手伝いをするうちに賢くなり、私は、上半身
は割烹着!(エプロンではだめなのですよ)に、両手は軍手!万全の
体制でお手伝いをしてきました。
 
 皆様も生で素敵な「花絵」をお楽しみください。

三宮 あじさい通り
元町 穴門通り
元町 商店街6丁目  以上の会場は4月28日(土)〜29日(日)

北野坂        5月3日(木)〜4日(金)

垂水区 三井アウトレットパーク マリンピア 5月4日(金)〜6日(日)
posted by: 平木ひろみ | 地域活動 | 14:46 | - | trackbacks(0)
言霊
昨日、3月21日選抜高校野球が開幕しました。
抽選会で一番を引いた石巻工業高校主将が開会式で宣誓することになったと
報道がされ、私は開会式をライブで見ることはできなかったので夜のニュース
でその宣誓を聞きました。

心を打たれました。あちらこちらで話題になっていますから、もう皆様もどこかで
聞かれたか、ご覧になったか、読まれたでしょうが、改めて、素晴らしい宣誓を
引用します。チームメートと言葉を集めて、話し合って作ったということです。
「言霊」を感じました。今月初めに訪れた石巻のまちに想いをはせながら・・・。

「東日本大震災から一年、日本は復興の真っ最中です。
被災された方々の中には、苦しくて、心の整理がつかず、今も当時のことや、
亡くなられた方を忘れられず、悲しみにくれている方がたくさんいます。
人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは苦しくつらいことです。

しかし、日本がひとつになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に
必ず大きな幸せが待っていると信じています。
だからこそ、日本中に届けます。
感動、勇気、そして笑顔を。
見せましょう、日本の底力、絆を。

我々高校球児ができること。
それは、全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。
今、野球ができることに感謝し、全身全霊で、正々堂々プレーすることを誓います。

選手代表 宮城県石巻工業高校主将 阿部翔人」

今日の試合は素晴らしい試合でした。残念ながら初戦敗退してしまいましたが、
石巻工業高校の「あきらめない」戦いぶりは、皆の心に残っています。
ありがとう!これからも「日本の底力」を信じて一緒に歩いて行きましょう!

posted by: 平木ひろみ | その他 | 22:17 | - | trackbacks(0)
春!
 4年前に大学に入学した次女が、社会人の長女と4年間暮らしたマンションを出て
入社する会社の寮で生活することになって、姉妹は「別居」することになりました。
4年間の姉妹での生活は、楽しいこと、しんどいこと、盛りだくさんだったでしょうが
2人にとって豊かな時間であったと信じています。2人が一緒に生活していたので、
私も1カ月に一回のペースで「政治スクール」のある週末には上京して、2人の娘と
会えるのを楽しみにしてきましたが、来月からはまたペースが変わりそうです。

次女がずっとバイトでお世話になったホテルに今回は3人で2泊して、超豪華な
「女子会」でした。

一区切りをつけた春。新しいスタートを切って、2人とも広い世界へ羽ばたいて!
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 21:57 | - | trackbacks(0)
「ひろみの宝箱」
 今年9月に開催した私の手芸品の作品展「ひろみの宝箱」には
本当に多くの方に来場していただき、ありがとうございました。

会場での展示をご覧いただいた方々だけではなく、都合がつかず
ご来場いただけなかった方々にも少しだけ会場の雰囲気を感じて
いただけたら、と思い、世界でたった一冊だけ作成した作品展の
アルバムをデータで取り込んで、ホームページにアップしました。

作品にこめた想いなども私の自筆で綴っています。
子育て真っ最中のころに家で過ごす時間に作り上げた多くの作品、
今年改めて作品展のために並べてみると、自分でも驚くほどの数
がありました。想いのたくさん詰まった作品たちです。

ホームページのトップページに「ひろみの宝箱」の大きなバナーが
ありますので、クリックしてください。50ページのアルバムが現れ
1ページずつめくっていただけるようになっています。

平木ひろみの意外な一面を見ていただけたら、と思います。
posted by: 平木ひろみ | プライベート | 15:39 | - | trackbacks(0)
中央区総合防災訓練
 今日は湊小学校で、中央区総合防災訓練が行われました。
正しい情報をきちんと受け止め、家族で、地域で共有し、実際に訓練で
体を動かして確認することが、とても大切だと感じた一日でした。

地震や津波についての情報提供や、水防工法訓練(土のう積み上げ)
や飲料水給水訓練(応急給水)、仮設トイレ設置訓練(マンホールの上)
などが盛りだくさんに行われました。

浸水避難時の留意事項だけは今日のうちに皆様にお伝えしておきたい
と思い箇条書きにしておきます。ご家族で避難について確認してください。

1.水が流れている時には決して避難をしないこと。
    水が流れていなければ、成人男性で水深70cm、成人女性50cm
    なら歩くことができる。

2.一歩一歩足元を確かめながら歩を進める。
    マンホールなどの蓋がはずれ、道であったところにはあちこちに
    穴があいている。
    水は濁っているので穴があることが見えないので注意。

3.リュックは体の前に抱えること。
    リュックは洋服などが入っていれば「浮き」の役目を果たすことも
    あるが、背負っていたのでは、自分の頭の上から首を押えてしま
    い、呼吸を苦しくする原因にもなりうる。

4.長袖長ズボンで体を覆って避難すること。

5.長靴ではなく紐でしばることのできる運動靴で避難すること。
    くるぶし程度の水なら長靴でいいが、水深が深い場合は却って
    水が入り込んで歩けなくなる。

6.2人以上で行動すること。

7.徒歩で避難すること。
    車で避難すると道路の余計な渋滞を招いたり、途中で動けなくなり
    放置車両になってしまうと、緊急車両の通行の妨げにもなる。

東川崎町にある「防潮堤」も実際に見学しましたが、「こんなところにあるんだ」
「これが防潮堤だとは知らなかった」「どうやって動くんだろう」などと、東川崎
以外地区の防災福祉コミュニティーの方々も、初めて見るという方々が多く、
実際に足を運んで目で見ておくことの大切さを認識しました。

自分たちの地域で声をかけあって非常時に避難体制がとれるよう、日頃から
顔の見えるお付き合いをしておきたいものです。
posted by: 平木ひろみ | 地域活動 | 15:41 | - | trackbacks(0)
第1回KOBE豚饅サミット2011
 すっかり秋らしくなってきました。温かい食べ物が恋しい季節ですね。

11月11日は豚饅の日。(新たに認定されたとのこと)

「日本の元気を神戸から!」と銘打って、KOBE豚饅サミットが開催されます。
オープニングイベントは、11月11日11:11南京町広場でスタートします。
サミット限定豚饅の売り出しがあります。
南京町老祥記では「オマール海老入り豚饅」 神戸元町四興樓では
「コラーゲン入り豚饅」 三宮一貫楼では「蟹フカヒレ入り豚饅」 を売り出し。
11月19日(土)20日(日)26日(土)27日(日)は各店舗での売り出しですが
11月11日(金)12日(土)13日(日)は、南京町曹家包子館(南京町広場)で
この三種類サミット限定豚饅を3個入り500円で限定販売します。
甲南大学生が考えたユニークな豚饅も、3日間限定1500個売り出します。

前夜祭は、神戸朝日ホールで19:00〜20:30 入場無料です。
サミット限定豚饅の発表、KOBE豚饅娘コンテストの開催、
豚饅早包みコンペティション開催など盛りだくさんです。

11月11日(金)の売り上げは東日本大震災支援事業に活用する計画です。
*****
チラシより抜粋
   阪神・淡路大震災から神戸が復興したように、被災された方々を元気に
   したい、あったかい豚饅をお腹いっぱいに食べてもらって、一日も早く
   笑顔になってほしい、そんな願いをこめてこのイベントはスタートします。
   2012年1月17日に、東日本大震災の被災地であり、神戸の友好都市
   である宮城県名取市に出向き、現地の皆さんにあったかい豚饅をお届け
   します。
*****

温かい気持ちで、温かい豚饅を、一緒に頬張りませんか?
posted by: 平木ひろみ | - | 09:02 | - | trackbacks(0)