スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | -
決算特別委員会質疑
 企画調整局関連の平成22年度決算について質疑しました。
詳しくはホームページの「発言記録」に質疑原稿を掲載していますので、
ご覧ください。

1.都心・ウォーターフロントの回遊性について
   「人」にやさしいまちづくりに関しての質疑です。

2.活気と賑わいのある魅力あふれるまちづくりについて
   「神戸市協定道路」の柔軟な運用や制度の見直しも提案しています。

3.子育て支援窓口について
   子育て支援のための「駆け込み寺」を局の縦割りを排除して、身近な
   区役所などに設置することを提案しています。

4.ポートアイランドの活性化と医療産業都市構想の推進を進める交通施策
  について
   ポートアイランド1期と2期の分断感を取り除いて一体的に活性化を図る
   こと、混雑の激しい時間帯のポートライナーの補助的交通手段について
   多面的に検討し対策をとることは、医療産業都市構想を推進していくには
   大変重要であると、4年前から取り上げている未解決な課題を質疑しました。
posted by: 平木ひろみ | 議会関連 | 21:42 | - | trackbacks(1)
平成22年度決算の審議が始まりました。
 台風一過・・・といっても今日も晴れているのに空には真っ黒な雲。
このごろの天気は安定しませんね。
皆様の地域では台風、大雨の影響はどうでしたか?

私の生まれ育った舞子では、舞子ビラのすぐそばの国道2号線に
出るための道路が冠水し、車が2台水没したり、西舞子エリアでは
避難勧告がでたり、なかなか大変でした。

この台風の影響で、毎月中公園駅で配布させていただいている
「平木ひろみ通信」の9月号をお配りすることができませんでした。
いつものようにポートアイランドの皆様にはポスティングをさせて
いただいています。お届けできなかった皆様にはホームページで
ご覧いただきたいと思います。

9月20日から10月25日まで、平成22年度決算の審議をする
本会議が始まりました。決算特別委員会で局別に決算についての
質疑を行います。私は「企画調整局」に対する質疑の担当です。
4年前初当選した時の決算特別委員会で担当した局です。改めて
この4年でどのような進捗があったのか、神戸の未来を作る施策を
打ち出すことができているのか、質疑したいと思います。

今質問の原稿を考えながら、4年前の自分の質疑原稿を再度見て
いるのですが・・・4年で前に進んだことは???という思いもあり
あえて4年前の質疑を踏まえた内容で練り上げようと思います。

「縦割り行政」の弊害を取り除く風穴をあけるのは「企画調整局」の
意識しだい、という期待をこめた質疑をさせていただきます。
posted by: 平木ひろみ | 議会関連 | 15:47 | - | trackbacks(0)
アジア陸上競技選手権大会
 本会議が今日で終了します。
新人の伊藤めぐみさんが初登壇されますので楽しみです。

神戸でアジア陸上競技選手権大会が始まります。
本会議期間が終了するので、空き時間を見つけて通訳ボランティアとして
インフォメーションデスクのお手伝いをします。
7月7日の開会式を前に、4日ごろから各国選手団、役員の方々が神戸の
地に入ってこられています。

「神戸にきてよかった」「また神戸にきたい」と思っていただけるように、私達
ボランティアは心をこめて「おもてなし」に務めます。スムーズな大会運営を
お手伝いするために、私達通訳ボランティアの会以外にも、一般市民の方が
多くボランティアとして各所で活動される予定です

先日の三宮での一流選手たちと一般市民の方々との参加イベントも迫力が
ありましたね。一人でも多くの方々に「本物のすごさ」を体感していただきたい
と思います。

選手の皆様が全力を出し切っていただけるよう応援しながらお手伝いします!
posted by: 平木ひろみ | 地域活動 | 07:00 | - | trackbacks(0)
新しい任期が始まりました。
 4月10日の選挙の後2カ月を経て、ようやく新任期が始まりました。
バッジの裏側には「神戸市会議員章 平成23年当選」という刻印があります。
ピカピカの真新しいバッジを胸に付けていただき、しっかり仕事をしようという再確認を
しました。

全体議員総会を本会議場で行いました。定席ではなく、区ごとに議員が並ぶという特別の
席での会議でした。今日から本会議場に国旗と市旗が掲げられ、東日本大震災の犠牲者
の方々への黙とうから始まり、市長挨拶、議員の自己紹介、議場出席者紹介がありました。

2011.06.13 新任期16年前の阪神淡路大震災の際に選挙を延期したことからくる選挙から任期スタートまでのこの2カ月の空白期間。今回の選挙にあたって神戸新聞でようやく記事として取り上げられましたが、大震災の際の延期はいたしかたなかったことだとはいえ、これだけの期間が過ぎたのですから、選挙と任期を一致させる時期に来ているのではないかと思います。

選挙を延期するよりも、任期を短くすることの方が様々な課題があるとのことですが、これも神戸市としては議会改革の一つの重要な課題であると思います。様々な課題に真摯に取り組む姿勢を常に忘れずに務めていきたいと思います。
posted by: 平木ひろみ | 議会関連 | 22:05 | - | trackbacks(0)
がんばろう日本!
 東日本大震災の後、民主党本部が制作した「がんばろうNIPPON」という
ポスターがあります。白地にその字だけが浮き出ているシンプルなデザイン。
私も強い想いを共有できるいいポスターができたなあ、と思っていたのですが。

選挙も終わったある日、S高校の柔道部顧問の先生からご連絡がありました。
「民主党の、がんばろう日本のポスターをいただけないでしょうか?」

「あのポスターをみると元気が出るので、柔道場に貼って、部員たちと東日本大震災
にも負けるな日本魂、みたいな感じで頑張らせたいのです。本校柔道部も3月開催
予定であった全国大会への夢も大震災の影響で中止となり、現在夏の全国大会に
向け日々努力しています。」

若い世代の人たちにも「がんばろう日本!」の強い気持ちを持って頑張ってほしい、
と思い、喜んでお渡ししました。被災された方々に、元気に頑張っているパワーを
届けるべく、全国大会に向けて練習に励んでくださいね。
posted by: 平木ひろみ | 地域活動 | 08:28 | - | trackbacks(0)
元町写メコンテスト 締め切り迫る!
 私は若いころ、元町でデートをしていました。
他の場所とは違う独特の魅力が町に溢れていると思っていました。
今もとても好きなまちです。

皆さんの目で、元町の魅力を発信していただけませんか?
元町商店街の素敵なところを写メに撮ってみてください。

いま元町商店街で 4月15日までを締め切りとして
「もとまち写メコンテスト」が開催されています。

『元町商店街らしさ』をテーマに お手持ちの携帯電話で写メし
コンテストに応募してみませんか??

神戸大学の中川ゼミの学生さんたちが主催のコンテストですが
商店街も全面協力されております。

↓イベントホームページURL
http://kobe-motomachi.or.jp/i-love-motomachi/

2011年4月15日(金)までとなっております。
締め切りがせまっていますがまだ時間はあります。
4月29日から5月5日までパネル展示が行われ、
また入賞者には賞品もあり、一人3点まで応募できます!!

みなさん、神戸元町の魅力発見に一役買ってください。
お友達と一緒に改めて元町のまちを散策しにでかけてみていただけ
れば、と思います。

どうぞ奮ってご参加ください!

posted by: 平木ひろみ | 地域活動 | 07:16 | - | trackbacks(0)
家族と地域のちからを神戸の未来へ!
 統一地方選挙が終わりました。
大きな被害を受けられた被災者の方が多くいらっしゃる中で選挙をすることの
是非が話題でしたが、4年の任期の市会議員の選挙としては、被災していない
神戸で「市民の信託」をしっかりすることは当然のことであり、皆様のご審判を
いただくべきであったと思います。

公職選挙法の規定により、選挙後のお礼を皆様に申し上げることは禁じられて
おりますので、ご理解をいただければ幸いです。

多くの皆様のご支援を受けて、2期目のスタートラインにつくことができました。
無我夢中で走り続けた1期4年。その経験を活かして2期目は、これまでよりも
もっと前向きな政策提言をしていきたいと考えています。そのためには、皆様の
ご意見をたくさんお聞かせいただくことが必要です。どうぞお気軽に平木ひろみ
にお声をかけてください。どこへでも飛んで伺います。

家族のちから、地域のちからが、まちづくりの原点だと思っています。
元気な神戸の未来に向けて、これから4年、市民の皆様とともに歩ませていた
だきたいと思っています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

本日、下山手通の後援会・選挙事務所の看板を撤去いたしました。今週一杯で
閉鎖いたします。またポートアイランドの自宅兼事務所に戻ります。
お気軽にご連絡ください。
posted by: 平木ひろみ | 議会関連 | 21:45 | - | trackbacks(0)
「社会のために働く」
 4年前に神戸市会議員の仕事を始めて早4年が経過しようとしています。試練の時がきました。
最終ブログの更新は、昨年、想いをこめて私が同窓会誌に掲載した記事を転載することにしました。私の社会への想い、仕事にかける想いが読んでくださる皆様に伝わると信じて。

****************

 ”Pay it forward !”
  「あなたが次に困った人に出会った時に、その人にあなたが手を差し伸べてあげてくれればそれが私へのお礼になるのよ。その気持ちを次へつないで!」 夫の赴任で暮らしたアメリカで、人に助けてもらった時に、その人に対してお礼を返したいと言うと、誰もが皆、同じように同じ言葉で、「その気持ちを次へつないで!」と言ってくれました。直接的にお礼を返すのではなく、お世話になったことへの感謝の気持ちを別の人に、つまり社会にお返しをすることが、手を差し伸べてくれた人への最大のお礼になるということです。私達家族はアメリカで、一つ間違えば命を落としていたかもしれないような交通事故に遭いましたが、その時に多くの人達の善意に支えられた経験をし、「社会に生かされている」という感謝の念を持って生活できるようになったことは、我が家のかけがえのない財産になりました。人は誰もが「社会に生かされ」、そして「社会のために働く」ことを皆が教えてくれたのです。

私たちは常に周囲の方々に支えられて生活をしています。私は、事故後「今、自分が社会のために何ができるか」を考えながら、ボランティア活動などに取り組んできました。アメリカでは、日本人保護者の会や外国人保護者の会会長、麻薬中毒撲滅委員会理事を務め、市教育委員会から表彰を受けました。帰国してからもPTAなどの地域活動や、小学校英語活動立ち上げなどに積極的に関わってきました。

私は、阪大卒業後ソニーに就職し、海外営業担当者として「女性初の単身海外出張」を含め充実したサラリーマン生活を送りました。結婚後も国内外を飛び回っていましたが、その時代ソニーにはまだ育児休暇も復職制度も整備されていませんでしたから、出産に伴い退職して専業主婦になりました。会社の従業員は代わりがきくけれど、「母親」はその子どもにとって唯一の存在であり、幼い頃にはなるべく親子一緒に過ごして育てたい、という思いを強く持っていたからです。

ところが、子育てのために専業主婦でいたおかげで夫の海外赴任に同行し、家族でのアメリカ駐在生活を経験することができました。アメリカで出会ったボランティア精神が、その後の私の人生を大きく変えることになったのです。アメリカで家族が生活する機会がなければ、私は今でも”Pay it forward !”の言葉の持つ深い意味を理解していなかったのではないかという気がしています。

 神戸でも通訳として、言葉の壁に悩む在住外国人の生活支援や観光案内などのボランティア活動を続けています。ボランティア活動が縁で新しい世界との出会いがあり、今は神戸市会議員として仕事をしています。議員の仕事は、自分が関わり続けてきたボランティア活動の集大成とも言える「社会のために働く」仕事だと私自身が理解し、それを家族が応援してくれたことで50歳での新しい一歩を踏み出すことができたのだと思います。

キャリアというと、社会的に報酬を得る仕事をさすことが多いですが、「専業主婦」も立派なキャリアの一つだと思います。育児書に書いてある通りにはならない子育てに日々向き合いながら、私は母親として、人間として多くのことを学び、子ども達を通して社会での活動を続けてきました。「ボランティア」も立派なキャリアです。私は、我が家の子ども達の成長に合わせて、専業主婦から徐々に活動範囲を広げてきましたが、今では子ども達も成人しました。常に真剣に「今、自分が社会のために何ができるか」を考えて活動し積み重ねてきたキャリアは私の財産です。人は「社会のために働く」のだということを私に教えてくれた多くの人達に感謝しつつ、これからも「生活者の視点」を大切に、社会のために働き続けていきたいと思います。

posted by: 平木ひろみ | - | 22:14 | - | trackbacks(0)
神戸市からも被災地災害支援!
神戸市では、地震発生直後に地震対策本部会議を設置し、
発生当日夜には緊急消防援助隊を派遣しました。
災害支援物資以外に、被災経験のある神戸市だからこそ
できる人的支援を行っています。
災害派遣医療チームの他、避難所運営、ボランティアセンター
立ち上げ・運営、仙台市復興計画づくりなど、延2000人以上
の職員を派遣しています。
posted by: 平木ひろみ | その他 | 21:54 | - | trackbacks(0)
被災地支援の市民活動助成
神戸市では被災地の復旧・復興を支援するための市民活動への
助成を緊急に行います。阪神・淡路大震災では国内外から様々な
分野での市民活動に支えられた教訓を活かし、専門性が高く
支援活動経験のある団体に活動助成を行います。
詳しくはお問い合わせください。

助成額:1件当たり50万円上限
活動対象期間:6月30日まで
問合先:078-321-3921 (1号館24階)
posted by: 平木ひろみ | その他 | 21:51 | - | trackbacks(0)